養鰻場のすべてがわかる。うなぎ収穫量全国一の県。
Powered by 鹿児島鰻

日本一の養殖うなぎの会社である鹿児島鰻。
当社には圧倒的なスケールを誇る養鰻場があります。

コンクリートのプールである鰻養殖池の総数は220面。有明事業所(志布志市)、
大崎事業所(大崎町)、重田事業所(志布志市)、菱田事業所(大崎町)、
普現堂事業所(志布志市)と5つの養鰻場拠点に分かれて、うなぎを育てています。
特に、普現堂事業所は、1事業所としては国内最大規模の養鰻場を備えます。
総面積12000坪の広大な敷地にずらりと温室のプールが並ぶ光景は圧巻です。

国内で流通する国産養殖うなぎの4割が鹿児島産とされるなかで、
われわれ鹿児島鰻の年間出荷量は約610トン
圧倒的スケールの養鰻場が、多くのうなぎ好きの日本人の舌を楽しませているのです。

h2 養鰻場とは? 養鰻場とは?

養鰻場とは? IMG

養豚場に養鶏場。そして養鰻場。畜産王国鹿児島県が誇る三大養殖場かもしれません。
養鰻場にいるのは、うなぎです。その養鰻場とはどういったものなのか?詳しく説明します。

シラスウナギ IMG

シラスウナギとはウナギの稚魚のこと。希少性が高く、高値で取引されることから「白いダイヤ」とも呼ばれます。謎だらけというシラスウナギの生態について説明します。

養殖ウナギの生産量 IMG

全国の養殖うなぎの生産量はこの10年、2万トン前後で推移しています。なかでも鹿児島県は日本トップの生産量を誇り、全体の出荷量のじつに約40%強を占めています。

24時間集中管理の養鰻場設備 IMG

鹿児島鰻の養鰻場には最新設備を整えています。水温・水位・水流などを24時間365日、コンピューターで集中管理。最新設備と熟練のスタッフにより、美味しいうなぎをご提供しています。

出荷作業 IMG

他の養鰻場に比べ、鹿児島鰻ではゆっくりと時間をかけて育ててから出荷しています。養鰻場からあげたばかりの鰻は熟練のスタッフが手早く分別。お客様の元に生きたままお届けします。

h2 鰻仕入れをお考えの皆様 鰻仕入れをお考えの皆様