養鰻場とは?

養鰻場とは?

養鰻場とはウナギを養殖する池のことです。
一般的にビニールハウスの中にコンクリート製のプールをつくり、生育に適した28度前後の水温に保って、おいしいうなぎを育てています。

鹿児島鰻の養鰻池は、強度のある鉄骨製ポリカハウスでできています。

明治時代に、服部倉治郎によって東京で始まったとされるウナギの養殖。
静岡・浜名湖から養鰻業は発展して日本全国に広がり、現在はウナギ生産量日本一の鹿児島をはじめとして、宮崎、高知などでも盛んです。

養鰻の歴史などについて説明します。

  • 緑豊かな環境にある養鰻場

    緑豊かな環境にある養鰻場
  • ビニールハウスの中に鰻のプールを備えています

    ビニールハウスの中に鰻のプールを備えています