シラスウナギ

シラスウナギ

シラスウナギとは、ウナギの稚魚のことです。
透明で全長5~6センチほど。

卵から育てることがいまだ困難で、鹿児島鰻を始めとする全国の養鰻業者は天然シラスウナギを仕入れて養殖しています。

今、ウナギの人工ふ化、完全養殖の研究は官民挙げて進められています。
鹿児島鰻では養鰻業者として初めてウナギの人工ふ化に成功しており、将来のウナギの安定供給が期待されています。

希少性が高く、高値で取引されることから「白いダイヤ」とも呼ばれるシラスウナギ。
謎だらけという生態などついて説明します。