養鰻場日記

マリアナ生まれ、日本育ち

うなぎは謎の存在だった!?

こんにちは、鹿児島鰻のホムラです。 皆様はニホンウナギがどこで産まれるかご存知ですか? 残念ながら、鹿児島鰻の養殖池ではありません。 私たち養鰻業者はうなぎの稚魚であるシラスウナギを仕入れて育てています。 ニホンウナギの産卵場所が分かったのはなんと2009年のこと。 つい最近のことなんです。 日本人は縄文時代からうなぎを食べてきたというのに、その生態は謎に包まれたままだったのですね。  

南の島から来たうなぎ

長年の研究の末、ようやく判明したうなぎの産卵場所はマリアナ沖。 まさか日本から2000kmも離れた場所で生まれていたなんて…。 太平洋を回遊するうちに、卵から仔魚へ、仔魚から稚魚へと成長していくそうです。ちょうど日本近海にくる頃に稚魚、いわゆるシラスウナギに成長していて、私たち養鰻業者はこのシラスウナギを仕入れているわけですね。 うなぎの故郷はまさかのマリアナ沖。 うなぎのプロを自負していた鹿児島鰻にとっても、衝撃的なニュースでした。